GMP251 CO?プローブ

ヴァイサラCARBOCAP? GMP251 CO2プローブは、高濃度CO2計測用のインテリジェントプローブです。GMP251は、優れた安定性、信頼性、精度が要求されるライフサイエンス用インキュベータ、冷蔵室、果物や野菜の輸送など、安定した正確なCO2濃度計測が必要とされる、要件が厳しい用途に最適です。動作溫度範囲は-40~+60℃、計測範囲は0~20%CO2です。

GMP251 CO2プローブは、Indigo 製品シリーズに屬しており、Indigo500シリーズ変換器またはIndigo200シリーズ変換器に接続することでディスプレイ表示やリレーなど機能拡張することもできます。

GM70 ハンディタイプCO2に接続して、スポットチェックとしても使用できます。

GMP251 は製造販売が終了した次の機種の後継機です:GMM221、GMT221
尚、GMP221 CO2プローブのスペアパーツやアクセサリは引き続き提供しています。詳細は弊社営業擔當までお問い合わせください。

Features
計測範囲:0~20% CO?
アナログ(V、mA)およびデジタル(RS-485)出力を備えたインテリジェントプローブ
獨自の第2世代CARBOCAP?技術による優れた長期安定性
広範な動作溫度範囲:-40~+60°C
IP65準拠のハウジング
溫度/圧力の補正
CO?補正用の內部溫度センサ內蔵
バックグランドガス(O?)および濕度の補正
?センサヘッド加溫による結露防止
+ さらに表示

特長

使いやすさ
GMP251は素早く簡単に設置ができる一體型のプローブです。本製品は、埃の他、H?O?やアルコール系洗剤などの多くの化學物質への耐性を備えています。プローブの表面は滑らかで清掃もしやすい設計になっています。
高い信頼性と精度
動作溫度範囲が広いGMP251は、多くの用途での使用に適しています。また、さまざまな環境において、正確で安定性の高い計測を実現します。

導入事例

箱詰めのリンゴ:収穫後のリンゴの鮮度保持
Success Story

収穫後のリンゴの鮮度保持

CA(Controlled Atmosphere: 空気調整)貯蔵は、収穫直後の果物や野菜を長期間貯蔵する方法として広く使用されています。貯蔵庫內のCO2濃度を計測するためにはGMP251 CO2プローブがおすすめです。
続きを読む